訪問看護ステーションあかし:住み慣れた町で、家庭で、安心して療養できるように医師や看護師がサポートします

居宅支援事業とは?

どんなことをしてくれるの?

居宅支援事業(ケアマネジャー業務)では、ケアマネジャーと呼ばれる専門スタッフが、介護を必要とする方に必要な介護保険サービスや医療サービスが適切に受けられるよう支援を行います。

ケアプランの作成支援
介護サービス計画(ケアプラン)の作成およびサービス提供の支援をします

介護サービスは申請時に遡って支給されます。そこで緊急の場合、介護認定を受けるまでは暫定的なプランを作り、サービスを受けることも可能です。
ご自分でプランを立てることもできますが、ご利用者やご家族のご希望にそって、より良いサービスの紹介や調整を行い、ケアプランを作成します。

介護認定の申請手続きや更新手続きの申請を代行します

介護保険のサービスを受けるには、要介護認定の申請が必要です。ご本人やご家族の代わりに、要介護認定の申請手続きを行います。

介護にかかわる様々な支援を行います
介護施設等への入院・入所支援を行います

ご利用者が介護保険施設等への入院または入所を希望された場合は、同施設等の紹介その他の支援をします。

ケアマネジャーに相談するには?

ご利用者の条件にあうケアマネジャーを探している場合は、まず、お近くの地域包括支援センター(おとしより相談センター)や区役所の介護保険課、かかりつけ医または病院等の相談窓口等に事前にご相談することをおすすめします。

また、当ステーションでは現在3名のケアマネジャー(看護師として兼任は2名)が在籍しておりますので、退院時、居宅への移行に不安のある方はぜひ訪問看護と併せてご相談下さい。

スタッフ募集

採用情報ページに移動します

お問い合わせについて

〒104−0044
東京都中央区明石町1−6

TEL 03-5565-7281

≫よくある質問について


ページトップへ戻るページトップに戻る