訪問看護ステーションあかし:住み慣れた町で、家庭で、安心して療養できるように医師や看護師がサポートします

訪問開始までの流れ

訪問看護開始までのフローチャート図

  1. まずは、かかりつけ医やケアマネジャー、お近くのおとしより相談センター、または当ステーションに直接ご相談ください。
  2. 利用希望者のご要望を基に、かかりつけ医やケアマネジャーを中心に支援内容の調整を行い、介護保険と医療保険、どちらが適用されるかを検討します。
  3. ケアマネジャーと相談しながら、適切なケアプランを作成します。
  4. ケアプラン内容を医師が確認し、訪問看護ステーションに「訪問看護指示書」を交付します。
  5. 医師が作成した「訪問看護指示書」に従い、看護師が訪問をいたします。
  6. ご利用希望者と訪問看護ステーションで正式に訪問看護の契約をします。

ご利用について

ご利用料金

介護保険を利用する場合(目安) 医療保険を利用する(90分未満)場合
  • 20分未満……… (1回当たり) 361円
  • 30分未満……… (1回当たり) 535円
  • 30分以上60分未満…… (1回当たり) 935円
  • 60分以上90分未満…… (1回当たり)1,281円
  • 24時間緊急連絡体制 (1ヶ月当たり) 616円
    ※ 24時間緊急連絡体制は、ご希望される方が加入するシステムとなります。
  • 特別管理加算
    1. 在宅悪性腫瘍患者指導管理等を受けている状態や、留置カテーテルを使用している場合
      ・・・・・・・・・・・・・・・・・ (1ヶ月当たり) 570円
    2. 在宅酸素治療法指導管理等を受けている状態、人工肛門を設置している状態、点滴注射を週3回行う状態や真皮を越える褥瘡の状態などであること・・・・・・(1ヶ月当たり) 285円
※上記金額はすべて1割負担の場合になります。
  (2割負担の場合は金額の2倍)
  • 週1日・日中・月 4回…… (1回当たり) 約1,090円
  • 週4日・日中・月16回以上…(1回当たり)約940円
  • 24時間緊急連絡体制…… (1ヶ月当たり) 540円
    ※ 24時間緊急連絡体制は、ご希望される方が加入するシステムとなります。
  • 特別管理加算
    1. 在宅悪性腫瘍患者指導管理等を受けている状態や、留置カテーテルを使用している場合
      ・・・・・・・・・・・・・・・・・ (1ヶ月当たり) 500円
    2. 在宅酸素治療法指導管理等を受けている状態、人工肛門を設置している状態、点滴注射を週3回行う状態や真皮を越える褥瘡の状態などであること・・・(1ヶ月当たり) 250円
※上記金額はすべて1割負担の場合になります。
  (3割負担の場合は金額の3倍)
介護保険を利用する場合(目安)
  • 20分未満……… (1回当たり) 361円
  • 30分未満……… (1回当たり) 535円
  • 30分以上60分未満…… (1回当たり) 935円
  • 60分以上90分未満…… (1回当たり)1,281円
  • 24時間緊急連絡体制 (1ヶ月当たり) 616円
    ※ 24時間緊急連絡体制は、ご希望される方が加入するシステムとなります。
  • 特別管理加算
    1. 在宅悪性腫瘍患者指導管理等を受けている状態や、留置カテーテルを使用している場合
      ・・・・・・・・・・・・・・・・・ (1ヶ月当たり) 570円
    2. 在宅酸素治療法指導管理等を受けている状態、人工肛門を設置している状態、点滴注射を週3回行う状態や真皮を越える褥瘡の状態などであること・・・・・・(1ヶ月当たり) 285円
※上記金額はすべて1割負担の場合になります。
  (2割負担の場合は金額の2倍)
医療保険を利用する(90分未満)場合
  • 週1日・日中・月 4回…… (1回当たり) 約1,090円
  • 週4日・日中・月16回以上…(1回当たり)約940円
  • 24時間緊急連絡体制…… (1ヶ月当たり) 540円
    ※ 24時間緊急連絡体制は、ご希望される方が加入するシステムとなります。
  • 特別管理加算
    1. 在宅悪性腫瘍患者指導管理等を受けている状態や、留置カテーテルを使用している場合
      ・・・・・・・・・・・・・・・・・ (1ヶ月当たり) 500円
    2. 在宅酸素治療法指導管理等を受けている状態、人工肛門を設置している状態、点滴注射を週3回行う状態や真皮を越える褥瘡の状態などであること・・・(1ヶ月当たり) 250円
※上記金額はすべて1割負担の場合になります。
  (3割負担の場合は金額の3倍)

なお、訪問する際の交通費については基本的に無料となっております。

訪問時間について

  • 月曜日から金曜日の午後9時40分から午後4時30分の間で定期的に訪問させて頂きます。
  • 訪問時間は内容によって異なりますが30分・60分・90分です。
  • 土曜・日曜・祝祭日・年末年始(12月29日〜1月3日)はお休みですが、病状によっては休日・時間外でも訪問いたしますのでご相談ください。

お申込み方法

ご利用者ご本人さまからのお申し込みの場合

まずは当ステーションまでお電話ください。また、すでに他の介護サービス等を利用しており担当のケアマネジャーがいらっしゃる方は事前にケアマネジャーにご相談の上、ご連絡ください。

  • お問合せ電話番号 : 03-5565-7281

お問い合わせ頂いた後、当ステーションからご確認と現地訪問の調整のご連絡を差し上げます。

かかりつけ医、病院関係者、ケアマネジャーからのお申し込みの場合

当ステーション下記電話番号までまずはお電話頂き、当ステーションの受け入れ状況をご確認ください。

  • お問合せ電話番号 : 03-5565-7281

当ステーションでの受け入れが可能なことを確認後、当ステーション訪問予約受付票に詳細をご記入いただき、当ステーションFAX番号までご送付願います。

訪問看護予約受付票を受信後、当ステーションからご確認のお電話をさせて頂きます。

よくある質問集

訪問看護って何?
病気や障害をお持ちの方や高齢の方が、住み慣れた家庭や地域で生活を望まれた時、ご本人はもちろん、介護をしているご家族が安心して暮らせるように支援します。
訪問看護師は何をしてくれるの?
私たち訪問看護師は、医師の指示のもと病状の観察や健康管理・食事指導・排泄介助・床ずれの予防や処置・リハビリテーション・医療処置・介護相談や支援・自宅の看取りなど、ご利用者様・ご家族様のご希望に沿った看護を提供しております。
訪問地域は?
中央区を中心に訪問しています。
訪問看護の料金は?
ご利用するサービス内容、適応される保険によって異なりますので、詳しくは申込みについて:ご利用料金をご覧ください。
訪問看護は誰が受けられますか?
訪問看護は医師の指示のもとに訪問しています。
特に年齢制限などはありませんので、まずは身近なかかりつけ医に相談してみることをお勧めいたします。
今入院中で、体に管(胃ろう・おしっこの管・酸素等)が入っているけど、本人は帰りたいと言っています。
この状態でも帰る事が出来るの?
ご安心下さい。経験豊富な看護師がご利用者様・ご家族の不安な点を伺い、医師やケアマネジャー・他事業所と連携を密にして親切・丁寧に対応させて頂きます。
当ステーションは緊急訪問看護体制をとっています。
体の具合が悪い時や不安な時に、いつでも看護師に連絡ができるサービスで、緊急時は迅速に対応します。
介護保険ご利用の方は緊急時訪問看護加算を毎月のケアプランに加えて頂くことで上記のサービスを受けられますのでご利用下さい。
本人が自宅で看取られたいと言っています。
私たち看護師は、ご利用者・ご家族の気持ちに寄り添い、最期までご自宅で生活が出来るように、全力で支援させて頂きます。
ページトップへ戻るページトップに戻る